ハイパーU

硬度と耐磨耗性、耐衝撃性を同時に高めた高硬質ウレタン樹脂系塗り床。

ハイパーU平滑仕上

ハイパーU防滑仕上

特長

  • 高硬質ウレタン樹脂を基材としており、耐摩耗性に優れ、重走行・タイヤの据え切りが頻繁なエリアでもご使用いただけます。
    ウレタン樹脂特有の柔軟性もあり、他の硬質塗り床に比べて下地のクラック追従性が向上しています。
  • エポキシ樹脂系塗り床に近い硬度・剛性を有する上、耐衝撃性にも優れています。(当社比)

主な用途

  • 倉庫など、物流拠点の床。
  • 機械・化学・食品・製薬などの各種工場の床。
  • マンション・オフィスなどの駐車場の床。
  • 自動車整備工事の床。

標準仕様

品名
グリップコート ハイパーU
材質
常温硬化型二液 ウレタン(無溶剤型)
工法
流しのべ工法
呼称厚み
1.5mm, 2mm
表面仕上
平滑、防滑
標準色
12色
適用下地
モルタル又はコンクリート*

*エポキシモルタルへの積層も可。

物性値

試験項目 物性値 試験方法
接着強度 2.0 N/mm² 以上(下地破壊) 建研式接着力試験機
耐摩耗性 70~90mg テーバー式摩耗試験機
CS-17,9.8N,1000回
耐滑り性     BPN値 µ T.R.L式スキッド
レジスタンステスター
平滑 乾燥状態 80 0.80 ~1.02
湿潤状態 20 0.20~0.26
防滑
(ニート工法)
乾燥状態 95 0.95~1.22
湿潤状態 45 0.45~0.58
引張強度 22.4N/mm² JIS K6251準拠
伸び 30% JIS K6251準拠
硬度 D硬度 80° JIS K7215準拠
破断時の伸び 0.7mm ゼロスパンテンション試験
耐衝撃性 60回落球後、表層の凹み以外異常なし JIS歩道用コンクリート平板に塗布した面
へ1kgの鋼球を1m高さより落下
  • 物性値は測定値であり、保証値ではありません。
  • 1 N/mm²= 1 MPa ≒ 10kgf/cm²
  • ※NNK(日本塗り床工業会)試験方法準拠

試験データ

往復運動

耐繰り返し荷重性

車輪の走行に対する床仕様の耐久性を評価・確認する。特にAGV走行路仕様・駐車場仕様などの評価。

(試験方法)

コンクリート平板上に塗布・作成した床仕様評価体に対し、左図の装置により、荷重をかけたキャスターを往復運動させ、サイクルを経る毎の床面の変化(摩耗・ウキ・ひび割れ・ハガレの有無など)を評価する。

キャスターの種類 輪荷重 試験結果
ウレタン輪
(直径13cm、幅3cm、硬度:90A)
200kg 10万回走行:
異常なし
回転運動

耐据え切り性

車輪の据え切りに対する強さを評価する。特に駐車場・物流施設床などでのタイヤ据え切りに対しての強さ・耐久性を確認。

(試験方法)

コンクリート平板上に試料を塗布・作成し、左図の装置により、試料に荷重を加えた後、設置キャスター(車輪)をクランプにより回転させ、据え切りの負荷を与え、床面のウキ・ひび割れ・ハガレの有無などを観察・評価する。

キャスターの種類 輪荷重 試験結果
ウレタン輪
(直径13cm、幅3cm、硬度:90A)
200kg 90°回転10万回:
異常なし

ページトップへ