G-30

清掃性、耐薬品性、耐摩耗性に優れたG-30。クリーンルームやバイオ施設に適した仕様です。

G-30

G-30N

G-30・1ply


冬期の施工では白化、艶引けの可能性があります。

特長

  • エポキシ樹脂を基材とする流しのべ工法の防蝕性材料です。
  • 光沢のある平滑な仕上がり、優れた耐薬品性と強度特性は、IT・バイオ関連施設などのクリーンフロアに適しています。
  • 仕上げの種類や工法の選択で各種クリーンルームをはじめ、幅広い用途に対応いたします。
  • 耐薬品性、下地への接着性に優れ、高強度な仕様です。
  • 清掃・洗浄性が良く、汚れにくい材質です。

主な用途

  • 半導体製造工場やバイオ関連施設のクリーンルーム床。
  • 医薬・化粧品工場、実験動物飼育室・研究室などのGMP、GLP対策床。
  • 家電・通信機器、電装機器、光学・精密機器工場の床など。

標準仕様

品番
グリップコート G-30
材質
常温硬化型二液エポキシ(無溶剤型)
工法
流しのべ工法・ライニング工法
呼称厚み
0.8mm, 1mm, 1.5mm, 2mm
表面仕上
平滑、防滑
標準色
12色
適用下地
モルタル又はコンクリート

物性値

試験項目 物性値 試験方法
接着強度 2.0 N/mm² 以上(下地破壊) 建研式接着力試験機
耐摩耗性 70~160mg テーバー式摩耗試験機
CS-17,9.8N,1000回
耐滑り性     BPN値 μ T.R.L式スキッド
レジスタンステスター
平滑 乾燥状態 75 0.75~0.96
湿潤状態 10 0.10~0.13
Oil(JIS.No.3) 15 0.15~0.20
防滑
乾燥状態 110 1.10~1.41
湿潤状態 44 0.44~0.56
Oil(JIS.No.3) 27 0.27~0.35
圧縮強度 38.2 N/mm²(一次降伏点) JIS K6911準拠
82.1 N/mm²(破壊強度) JIS K6911準拠
引張強度 31.4 N/mm² JIS K6911準拠
硬度 85°(ショアーD) JIS K7215準拠
耐衝撃性 落球50回で、下地コンクリート
平板の割れによる亀裂
JIS歩道用コンクリート平板に塗布した面へ
1Kgの鋼球を1m高さより落下
2.5kJ/m² JIS K7111準拠 (シャルピー衝撃)
残留凹み 0.05mm JIS A5705準拠
吸水率 0.45% JIS K6911準拠
  • 物性値は測定値であり、保証値ではありません。
  • 1 N/mm²= 1 MPa ≒ 10kgf/cm²
  • ※NNK(日本塗り床工業会)試験方法準拠

ページトップへ

G-30シリーズ

消防法対応の難燃タイプ。優れた自己消火性を備えています。

G-30NF

特長

  • 優れた耐摩耗性・耐薬品性を備えた難燃仕様のエポキシ流しのべ床です。
  • 床面が緻密ですので、汚れにくくメンテナンスも容易です。
  • 酸素指数 : 31.6 (試験方法:JIS K7201準拠)

主な用途

  • 医薬品工場・研究施設のGMP・GLP対策床。
  • バイオクリーンルーム・工業用クリーンルームの床など、耐摩耗性・非汚染性・難燃性を必要とする床。

G-30の性能に抗菌性をプラス。医薬品・食品工場に適しています。

KG-30

特長

  • 人体への安全性が高く、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの有害な細菌類に対して有効な無機系抗菌剤を採用しています。
  • 配合抗菌剤は、揮発・溶出することがありません。
  • 清掃性に優れ、ドライシステムにも対応します。また、既存の塗り床から抗菌床への改修も可能です。

主な用途

  • 医薬品工場、バイオクリーンルーム、学校・病院などの廊下。
  • 給食センター、厨房など。(ドライシステム対応)

ページトップへ