デュラクレス

高強度のエポキシ樹脂をバインダーとして用い、骨材を高密度に充填した耐摩耗性に優れた高耐久床です。

デュラクレス

特長

  • 専用施工機であるポリトロウェルを使用して施工を行うことにより、一般のエポキシ樹脂モルタルに比べ、樹脂と骨材を高密度に充填しているので、塗膜厚みが薄くても、強度と耐久性に大きく優れています。
  • 骨材の選定により、意匠性を付与した床や、さらに高強度・高耐久の床へのカスタマイズが可能です。
  • 耐圧強度が高いため、圧縮力による下地への負荷が軽減でき、仕上げ層の耐久性も向上します。
  • 仕上げ層を施すことで、耐薬品性、耐油性、平滑性などを付与することができます。

主な用途

  • ABS、ポリアミド樹脂製等の硬質あるいは小径のキャスター付き台車による重量物搬送エリア。
  • AGVが走行するエリア。
  • フォークリフト走行の頻繁な倉庫など。

標準仕様

品番
グリップコート デュラクレス
材質
常温硬化型二液エポキシ(無溶剤型)
工法
ニートレジンモルタル工法
呼称厚み
1.5mm
標準色
5色(骨材色)※2色以上の混合も可能
適用下地
コンクリート、無機系硬質床

物性値

試験項目 物性値 試験方法
耐摩耗性 摩耗減量 350mg JIS K-7204準拠(テーバー式摩耗試験機)
(摩耗輪:H-22, 荷重:9.8N, 1000回転)
摩耗深さ 0.09mm
耐摩耗性 摩耗減量 20~40mg JIS K-7204準拠(テーバー式摩耗試験機)
(摩耗輪:CS-17, 荷重:9.8N, 1000回転)
耐繰返し荷重性 異常なし
(凹み0.04mm)
自社試験法
車輪:鉄輪(φ105、W=50)
輪荷重:150kg
往復速度:0.2m/s
ストローク:400mm
試験回数:30万回往復
耐衝撃性(凹み量) 0.2mm 落球試験
(1kg鉄球×1m高さより10回落球)
接着強度 2.0N/mm² 以上
(下地破壊)
建研式接着試験機
  • ベースコート層までの仕様での試験結果です。
  • 物性値は測定値であり、保証値ではありません。
  • ※NNK(日本塗り床工業会)試験方法準拠

ページトップへ